[ 展覧会情報 ] [ 次回|upcoming ] [ 見崎彰広 ] サイトウノリコ展 “ひみつきち” | 見崎彰広展 “時間のかたち”」

[ 2018年7月14日 ]

ひみつきち

 ひみつきちの周りは草むら
ビン、枝,鉢、傘、どこからか運んできた。
石に秘密の暗号を刻む・・・
鉄釘の握り心地の良さったらサイコーにいい。ギリリ・・・
手にはサビの匂いだ
虫を捕まえる、ドクドク・・・生きている。
全身で草を引っこ抜く、緑がむせかえる。
鉢に泥水を流し入れてご飯を作ろうよ!
それから貝殻砕いて。
ガラスを並べよう、そーっと。
大昔の冒険家が通ったこの道の上で・・・
空を見上げると青空がぽっかり
よーし!
今度は木の上に基地作っちゃおーぜ!
それがひみつきち。

サイトウノリコ

 

サイトウノリコ(1973~横須賀生れ 多摩美卒)は、世界的にも数少ないドライポイント手法を中心に制作するアーティスト。
ひみつきちシリーズ5点、LIFEシリーズ3点を中心にカラードライポイント、ペインティング小品など新作22点ほどを展示いたします。
★作家在廊日:7/21,27,29,8/2,3,4
上作品:「ひみつきち4」2018 ドライポイント 26×23㎝

……………………………………………………………………………………………………………

 

身の回りにいつもあるものや、
むかしから知っている遠くの景色。
それらのかたちを見つめ直し、
光と影を取り出して紙の上に写しとる。
絵の中から色彩を省くかわりに、
時間を封入することを試みる、
モノクロのリトグラフと
鉛筆によるドローイング。

 

見崎彰広(1987~東京生れ 東京藝大日本画卒)は、日本画の世界から、リトグラフ作家になった稀有なアーティスト。
リト作品とは思えないメゾチントのような<深い黒>が特徴。ドローイング作品も、均一に引いた鉛筆線のみで<黒面>を作る職人的な制作プロセス。
シンプルで、詩的で、少しユーモアを持った作風と併せてプロ好みの新近作約20点を展示いたします。
★作家在廊日:7/17,18,21,23,26,28,31,8/3,4
上作品:「雪の窓」2017 リトグラフ 31.2×48 ed7

[ トップtopics ] [ 見崎彰広 ] サイトウノリコ展 “ひみつきち” | 見崎彰広展 “時間のかたち”」

[ 2018年7月14日 ]

会期:7/17(火)-8/4(土) 11:00-18:30 日曜休廊

サイトウノリコ(1973~横須賀生れ 多摩美卒)は、世界的にも数少ない
ドライポイント手法を中心に制作するアーティスト。

見崎彰広(1987~東京生れ 東京藝大日本画卒)は、
日本画の世界から、リトグラフ作家になった稀有なアーティスト。
リト作品とは思えないメゾチントのような<深い黒>が特徴です。

2作家が個展用にそれぞれ新作をつくり展示日まで全容がわからないと言う今展示。
仕切り壁は設けず、各個展スペースは一目で見渡せます。
世代も手法も性質も異なる2作家の作品による 静かな科学反応をお楽しみください。

→展覧会詳細

[ 長谷川 利行 ] 長谷川利行展に寄せて-荒井一章

[ 2018年6月21日 ]

長谷川利行展|府中市美術館にて 2018.5.19

長谷川利行展に寄せて

荒井一章

私の知るかぎり最高の長谷川利行展が始まった。福島県立美術館を起点に、都内では府中市美術館(2018年5月19日〜7月8日)と続く。新発見の作品もあって話題豊富である。私は長谷川利行展を自分でも何度も手掛けたり、利行の会として企画に参加してきたけれど、今回の展覧会は出品点数155点、しかも利行選りすぐりの見逃すことのできない作品ばかり。利行の作品は生で見るのがいちばん。立派な画集、特集記事の掲載写真はいくらもあるけれど、実物をしっかり見ることには及ばない。その絶好のチャンスが今回の長谷川利行展だと思います。

私は初日の3月27日、福島県立美術館へ出かけました。桜の咲くのには早い東北、しかし暖かい青空の日。広い敷地に建つ福島県美の重厚さの中での長谷川利行展は堂々と素晴らしいもので、感動しました。

監修された前岩手県立美術館館長の原田光氏ともお会いし、お互い「いい展覧会ですね」と言葉を交わしました。不忍画廊旧蔵の「水泳場」(板橋区立美術館蔵)は今回展の図録表紙になっています。「ガスタンク」はかつて不忍画廊が上野にあった時代に所蔵していましたし、懐かしい思い出の作品と出会いました。私の義父で、利行を生涯をかけて世に出した木村東介氏はいつも言っていました。「ユトリロより利行が上だよ」と。「パリで利行展をやってみたい」とも。私には「絵を見る物差しは利行」と。思い出す言葉です。長谷川利行展会場を歩きながら、利行は「日本のゴッホ」なんだと思いました。

必見の展覧会ですよ。
2018年3月24日(土)~4月22日(日)|福島県立美術館
2018年5月19日(土)~7月8日(日)|府中市美術館
2018年7月21日(土)~9月9日(日)|碧南市藤井達吉現代美術館
2018年9月22日(土)~11月4日(日)|久留米市市美術館
2018年11月13日(火)~12月24日(月・祝)|足利市立市美術館

[ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] 駒井哲郎「丸の内風景」

[ 2018年6月19日 ]

駒井哲郎 「丸の内風景」
1938 エッチング 9x5cm ed30

[ アーティストニュース ] [ 山田 純嗣 ] 山田 純嗣展 絵画をめぐって ー2・3・2 ー 日本橋タカシマヤ6階 美術画廊X

[ 2018年6月5日 ]


(17-5)THE RED STUDIO 2017 パネルに印画紙、樹脂、ラメ、インタリオ・オン・フォト、パールペイント ed.1 181×219㎝

会場:日本橋タカシマヤ6階 美術画廊X
会期日時:6/6(水)-25(月) 10:30-19:30 会期中無休

本展では、葛飾北斎「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧」、酒井抱一「夏秋草図屏風」、などをモチーフにしたインタリオ・オン・フォトの作品に加えて、その制作過程で生じる立体とドローイングもあわせて一堂に展示します。
→詳細

[ アーティストニュース ] [ 山田 純嗣 ] 島根県立石見美術館「コレクション展 ☐△◯-まるさんかくしかく-」

[ 2018年6月4日 ]


(17-8)○△□ (W) 2017 ポリコートパネルに印画紙、樹脂、インタリオ・オン・フォト、インタリオ・オン・フォト ed.5 28.4×48.1cm

島根県立石見美術館「コレクション展 ☐△◯-まるさんかくしかく-」
に山田純嗣《(17-8) 〇△☐ (W)》が出品中です。

会場:島根県立石見美術館 展示室A
会期日時:5月23日(水)~7月16日(月・祝) 毎週火曜日休館 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)

→詳細

[ アーティストニュース ] [ 成田 朱希 ] ART colours Vol. 25 ―井の底― 成田朱希×内藤瑶子 展 パークホテル東京

[ 2018年6月3日 ]


この夏、パークホテル東京の30メートルの吹き抜けアトリウムが『井戸』になる!?

日本の四季をアートと共に楽しむ展示会ART coloursの第25弾として、成田朱希×内藤瑶子「井の底」展が開催されます。パークホテル東京のアーティスト・イン・ホテル プロジェクトでそれぞれ「芸者金魚」「鯉」という魚の名の客室を制作して人気を博している二人の作家によるコラボレーション展です。

会場:パークホテル東京 25F / 31F 入場無料
会期: 2018年6月11日(月)~9月2日(日) 無休  11:00~20:00

→詳細

[ アーティストニュース ] [ 北川 健次 ] 北川健次:黒の装置―記憶のディスタンス CCGA現代グラフィックアートセンター

[ 2018年6月2日 ]

北川健次 回廊にて―Boy with a goose》(版画集〈Element ―回廊を逃れゆくアポロニウスの円〉より) 2017 エッチング、フォトグラビュール

会場:CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市)

会期日時:10:00‐17:00(入場は16:45まで)
休館日:月曜日(7月16日を除く)、7月17日(火)
入館料:一般300円/学生200円/小学生以下と65才以上、および障害者手帳をお持ちの方は無料

 

ギャラリートーク+オープニングレセプション
2018年6月16日(土)午後2時―
出演|北川健次
会場|CCGA現代グラフィックアートセンター
※当日に限り、入館料が無料となります。またJR郡山駅―CCGA間の無料送迎バスを運行します。
※ギャラリートークは午後3時30分頃終了を予定しております。また終了後はロビーにてオープニングレセプションを開催します。合わせてご参加ください。

→詳細

 

不忍画廊にて 8/22~9/8より、関連企画:「日本現代銅版画史展~駒井哲郎|池田満寿夫|北川健次を中心に」 を予定しています。

[ 展覧会情報 ] [ 山田 純嗣 ] [ 田沼 利規 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 過去|past ] Through the veil~ベールを通して 繁田直美|田沼利規|藤浪理恵子|山田純嗣

[ 2018年6月2日 ]

会期:2018. 6/6(水)~23(土) 11:00-18:30 月曜休廊

直接的な「視る|表現」ではなく一枚のべール(veil)を通して「視る|表現」
4人の現代作家による企画です。

 


画像複写を重ね重層なメデュウム転写にイメージを加えたペインティング|繁田直美 
1992ミネアポリスカレッジオブアートアンドデザイン卒|個展:マキイマサルファインアーツ、Art Trace Gallery、櫻木画廊、Gallery Closetほか|Remix !!!(2015不忍画廊)、Gift展(2015,16,17不忍画廊)、ART NAGOYA 2016、第四回Crosscurrent 展 (2016 ナポリ)、国際作家交流展 スウェーデン/日本(2018 Art Lab Akiba)|コレクション:ミネアポリス美術館 他  東京在住  〈 作品: 「capsule #5」  2018  アクリル、水性アルキド樹脂、パネル  410 x 410  ¥108,000 〉

 

 


マチエール:紙とインク:絵具を熟知した〈必然×偶然〉のドローイング|田沼利規
1986東京生まれ 多摩美術大学大学院版画領域修了|個展:シロタ画廊2、Oギャラリー、Port Loggia Gallery(カナダ)他|トーキョーワンダーウォール2010、池田満寿夫と新世代 -田沼利規+見崎彰広-(2015不忍画廊)、線の芸術展(2016不忍画廊)、大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ《審査員特別賞》、セミナリヨ現代版画展《協賛賞》、浜松版画大賞展《奨励賞》|コレクション:町田市立国際版画美術館、ルーマニア国際版画美術館 他  東京在住
〈 作品: 抱(いだ)かれた線  2017  木炭、鉛筆、クレヨン、手漉き紙” 360×262 ¥59,400 〉

 

 


繊細なガラス(アクリル)エングレービングの線描を〈陰影のみ〉で見せる|藤浪理恵子
1960千葉県生まれ 多摩美術大学大学院修了|個展:不忍画廊、Forum Gallery(NY)、Gallery 66(NY)他|1990神奈川県美術展《県立近代美術館賞》、《NY Artist Fellowship》、12人の地平線(2009-10旧新橋停車場)、幻想博物館(2014日本橋高島屋)、2016パークホテル東京31F客室壁画【俳句】完成、ピカソ発→鉄道絵画(2017-18東京ステーションギャラリー)|コレクション:文化庁、東京国立近代美術館、東京ステーションギャラリー 他  NY在住
〈 作品: 擬態 Mimicry 2018 グラスエングレービング 320×285 ¥172,800 〉


Artist Booklet vol.5 藤浪理恵子 不可視の現景-Invisible Site ¥756

 

 


エッチングの線描を「層」として写真上に重ね、絵画について考察する|山田純嗣
1974長野県生まれ 愛知県立芸術大学大学院油画専攻修了|個展:不忍画廊、一宮市三岸節子美術館、高島屋美術画廊X 他|熊谷守一大賞展《優秀賞》、青木繁記念大賞展《優秀賞》、愛知県芸術文化選奨《新人賞》、ポジション2012名古屋発現代美術(名古屋市美術館)、アイチのチカラ(愛知県美術館)、 Imago Mundi (2013ヴェネツィア)、 2014パークホテル東京31F客室壁画【山水】完成、PAT in Kyoto2016《ニッシャ印刷文化振興財団賞》|コレクション:愛知県美術館、東京ステーションギャラリー 他   名古屋市在住   〈作品:(10-12)DISTANCE IN FOREST 2010 ポリコートパネルに印画紙、樹脂、パールペイント、インタリオ・オン・フォトed.1 1940×1300 ¥1,296,000 〉

山田純嗣 絵画をめぐって ¥2,160

 同期間開催:「山田 純嗣展 絵画をめぐって ー2・3・2 ー」
日本橋タカシマヤ6階 美術画廊x

会期日時:6/6(水)-25(月) 10:30-19:30 会期中無休

本展では、葛飾北斎「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧」、酒井抱一「夏秋草図屏風」、などをモチーフにしたインタリオ・オン・フォトの作品に加えて、その制作過程で生じる立体とドローイングもあわせて一堂に展示します。
→詳細

 

[ トップtopics ] [ 山田 純嗣 ] [ 田沼 利規 ] [ 藤浪 理恵子 ] Through the veil~ベールを通して 繁田直美|田沼利規|藤浪理恵子|山田純嗣

[ 2018年6月2日 ]

【終了しました】会期:2018. 6/6(水)~23(土) 11:00-18:30 月曜休廊

 

直接的な「視る|表現」ではなく一枚のべール(veil)を通して「視る|表現」
4人の現代作家による企画です。

→詳細

[ ショップニュース ] [ 山田 純嗣 ] 山田純嗣 絵画をめぐって

[ 2018年6月1日 ]

[ アーティストニュース ] [ 二階武宏 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 門坂 流 ] ARTOSAKA2018に出展します!

[ 2018年6月1日 ]

集治千晶 2017 Goldfish and Cake 水彩画 77.5×47.8cm

 

ルームナンバー:6008号室
《出品作家》集治千晶 / サイトウノリコ / 池田満寿夫 / 池田俊彦 / 二階武宏 / 門坂流 / 他

→詳細

[ ショップニュース ] [ 藤浪 理恵子 ] Artist Booklet vol.5 藤浪理恵子 不可視の現景-Invisible Site

[ 2018年5月30日 ]

[ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 門坂 流・渡辺千尋 ] [ 集治千晶 ] 会場風景:銅版画礼賛!

[ 2018年5月17日 ]



左:E・ムンク「水浴する子供たち」 右:G・ルオー「ミセレーレXX 見捨てられた十字架のイエスの下で 」


左:箕輪千絵子「生れ出づることは」 右:謝敷ゆうり「memento mori」

左3点:サイトウノリコ 中央3点:集治千晶 右:作田冨幸




浜口陽三「ポプラ」


池田俊彦:上「老腐人-R」下左:「the second new human race」下右:「翁-Q f.s.」

[ 古茂田 守介 ] 会場風景:描かれた少女は..誰? 古茂田守介生誕100年記念 守介|美津子|杏子 3人展

[ 2018年5月17日 ]


右:古茂田杏子「うさぎ」

古茂田美津子:左「裸婦と人形」 中央「踊る裸婦」 右「サーカス」

古茂田美津子「裸婦」





古茂田美津子「水色のライトの踊り子」

古茂田守介:左「立つ裸像」 中央「裸婦二体」 右「美津子像」






古茂田守介:左「美津子・後ろを向く」 右「洋装の少女」


古茂田美津子「サーカス」

古茂田美津子:左「夕暮れ」 右「うたたね」

古茂田守介:上「小さな裸婦」 下「裸婦(膝をつく)」

[ 呉 亜沙 ] [ 山田 純嗣 ] [ 會田 千夏 ] [ 柳 ヨシカズ ] 会場風景:5colors

[ 2018年5月17日 ]





呉亜沙:左より「Touch」 「Make up」 「きにする」 「We」

大谷有花:左より「はなすがた Bara S-Ⅱ」「はなすがた Shichidanka S-Ⅱ」 「はなすがた Hanamizuki-Ⅰ」 「はなすがた Suiren S-Ⅱ」 












[ 中村正義・大島哲以 ] [ 展覧会情報 ] [ 成田 朱希 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 過去|past ] 女 獣 オンナケモノ 成田朱希×箕輪千絵子+大島哲以

[ 2018年5月8日 ]


左より:  成田朱希 「潮騒」 F10    /  大島哲以 「女狐」 F4    /   箕輪千絵子「絞殺しの木」 F40

会期:2018.5/11(金)-26(土) 11:00-18:30 日曜休廊

*レセプションパーティ 5/12(土)  16:00-18:00

成田朱希は新作油彩画・ドローイングを中心に、箕輪千絵子は新作銅版画・ドローイングと新作に繋がる過去の作品も展示いたします。
大島哲以は独自の技法である、日本画とアクリルなどの混合技法で描かれた作品を中心に展示いたします。
3人とも人人会の会員であり、大島哲以は1974年創立時のメンバー、成田朱希と箕輪千絵子は現在も人人展で新作を発表し続けております。
世代の違う3人の共演をお楽しみください。

大島哲以 – 1926年 愛知県生れ(1999年没)
成田朱希 – 1966年 青森県生まれ
箕輪千絵子 – 1986年 奈良県生まれ

→人人会とは

 

『大島晢以作品集 –薔薇連禱-』
15×15cm カラー・モノクロ34頁 1984年 不忍画廊刊 800円+税


『成田朱希 叫びとささやき』
B5版カラー12頁 限定300部 2017年不忍画廊刊 500円+税

[ トップtopics ] [ 中村正義・大島哲以 ] [ 成田 朱希 ] [ 箕輪 千絵子 ] 女 獣 オンナケモノ 成田朱希×箕輪千絵子+大島哲以

[ 2018年5月8日 ]

会期:2018.5/11(金)-26(土) 11:00-18:30 日曜休廊 終了しました。

*レセプションパーティ 5/12(土)  16:00-18:00

成田朱希は新作油彩画・ドローイングを中心に、箕輪千絵子は新作銅版画・ドローイングと新作に繋がる過去の作品も展示いたします。
大島哲以は独自の技法である、日本画とアクリルなどの混合技法で描かれた作品を中心に展示いたします。
3人とも人人会の会員であり、大島哲以は1974年創立時のメンバー、成田朱希と箕輪千絵子は現在も人人展で新作を発表し続けております。
世代の違う3人の共演をお楽しみください。

→展覧会詳細

[ ショップニュース ] [ 中村正義・大島哲以 ] 大島哲以作品集 -薔薇連禱-

[ 2018年5月8日 ]

[ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 門坂 流 ] 会場風景:門坂流へのオマージュⅡ 自然界には輪郭線がない

[ 2018年4月19日 ]



















Back to top