[ アーティストニュース ] [ 池田 俊彦 ] 池田俊彦が南島原市アートビレッジ・シラキノにエデュケーターとして在籍します。

[ 2018年9月24日 ]

長崎県南島原市にある旧白木野小学校(平成26年度末に廃校)が、文化芸術を核とした地域交流拠点施設「南島原市アートビレッジ・シラキノ」として、生まれ変わりました。そこにエデュケーターとして池田俊彦が在籍することとなりました。施設1階には、2部屋のギャラリー、2階は宿泊フロア、3階は工房やアトリエ・図工室などが設けられ、滞在しながらの創作活動や各種講座・教室などの場として利用することができます。

◆1階のギャラリー
2部屋に分かれており、様々なジャンルに幅広く対応できる空間となっています。

◆2階の宿泊フロア
白木野地区は、長崎平和記念像を手掛けた日本を代表する彫刻家・北村西望の生誕の地であり、西望公園・記念館も近隣に位置します。また、日本の棚田100選にも認定されている谷水棚田など、恵まれた自然環境の中で個人での滞在制作やグループどでの合宿等を行うことができます。その他、国内外からアーティストを一定期間招へいしてアーティストインレジデンスも行います。

◆3階の工房・アトリエ・図工室
長崎県指定文化財である銅版画「セビリアの聖母」は、16世紀の南島原市に置かれたセミナリヨで日本人の手によって最初に制作された銅版画と言われています。南島原市では、このような銅版画技術発祥の地である歴史遺産や先人の国際性と向学心をまちの誇りとして、版画の全国公募による「セミナリヨ現代版画展」を開催しています。その版画展と連携したプロフェッショナルな版画工房はあらゆる版画技術に対応しており、各種講座や教室を通して学ぶことが出来ます。

★エデュケーター 池田俊彦よりコメント
今から400年前、この南島原の地で日本人の手による初めての銅版画が制作されました。それは希望と可能性をひめた文化の芽吹きでもありました。しかしながら禁教令という大きな力によってその可能性は断たれてしまいます。いま廃校になった旧白木野小学校はアートビレッジ・シラキノという新たな芸術文化施設として蘇ろうとしています。この地で人々が再び集い、400年前に失われた文化の可能性がもう一度花開く事を夢見ています。

★南島原市アートビレッジ・シラキノオープニング展 池田俊彦銅版画作品展 (南島原市アートビレッジ・シラキノ Gallery2 ~9/30)

[南島原市アートビレッジ・シラキノ概要]
開館時間:9:00-81:00
休館日:月曜・年末年始
問い合わせ先: tel:0957-85-3055 / mail:art-shirakino@himawarinet.ne.jp

→南島原市HP
→アートビレッジ・シラキノFB

[ アーティストニュース ] [ 二階武宏 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 門坂 流 ] ARTOSAKA2018に出展します!

[ 2018年6月1日 ]

集治千晶 2017 Goldfish and Cake 水彩画 77.5×47.8cm

 

ルームナンバー:6008号室
《出品作家》集治千晶 / サイトウノリコ / 池田満寿夫 / 池田俊彦 / 二階武宏 / 門坂流 / 他

→詳細

[ アーティストニュース ] [ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 門坂 流 ] [ 門坂 流・渡辺千尋 ] 「門坂流へのオマージュⅡ ~自然界には輪郭線が無い~」 作品コメント公開

[ 2018年2月7日 ]

門坂流氏(1948-2014)の周りには多くの老若男女の作家たち、友人たちが集まりました。
今展では、交流のあった多くの作家たちから門坂氏へのオマージュ作品、コメント、エピソードを寄せて頂きました。

 

     
浅野勝美   池田俊彦 大場咲子 柄澤齊  木村繁之

 

       
 作田富幸  鈴木敦子  瀬戸照 多賀新 建石修志

 

     
 釣谷幸輝  二階武宏  藤浪理恵子 結城泰介  渡辺千尋

 


『Artist Booklet vol10 門坂流へのオマージュ・Ⅱ ~自然界には輪郭線がない~』
B5版20頁、2018年不忍画廊刊  ¥1000+tax
〈作品、コメントはこちらのブックレットに掲載しております。〉

[ アーティストニュース ] [ 二階武宏 ] [ 成田 朱希 ] [ 池田 俊彦 ] ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~ Bunkamura Gallery

[ 2018年1月31日 ]

池田俊彦、亀井三千代、成田朱希、二階武宏の作品がBunkamura Galleryにて開催されます「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~展」のPartⅠに展示されます。“ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~”は毎週火曜21時55分からBSフジで放送中の5分間のテレビ番組で、次世代を担う芸術家たちを毎週ひとりずつ紹介しております。同展はこれまでに番組で紹介された若手アーティストたちの中から、国内外から注目を集める約60余名が2会期にわたり紹介されます。

4作家が番組に出演された時の放送をそれぞれ動画でご覧いただけます。

 

池田俊彦

 

亀井三千代

 

成田朱希

 

二階武宏

 

 【ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~】

開催期間
PartⅠ:2018/2/1(木)~2/12(月・休)
PartⅡ:2018/2/24(土)~3/4(日)
開館時間
10:00~19:30
2/12は16:00 Close
会場
Bunkamura Gallery

[ アーティストニュース ] [ 池田 俊彦 ] 池田俊彦さんの作品が宝生能楽堂のロビーに展示されます。

[ 2017年11月16日 ]

宝生能楽堂(東京都文京区)のロビーに11/15(土)一日限定で池田俊彦さんの作品が展示されます。
展示作品は新作も含め、10数点展示される予定です。

詳細は宝生能楽堂までお問い合わせください。

[ アーティストニュース ] [ 池田 俊彦 ] BSフジ『ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」放映 2017.5.23(火)

[ 2017年5月10日 ]

◎ BSフジ『ブレイク前夜 ~次世代の芸術家たち~』に銅版画家・池田俊彦が出演予定。
放映日時:2017年
523日(火)21552200 放送予定!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BLIND PEAK 叢書 1』(2017.5.12不忍画廊刊)に未発表リトグラフと初のドライポイント作品を掲載しています。
普及版(頒布数100部)\1,080
A5版、カラー22ページ、図版23点(池田俊彦・山田彩加・謝敷ゆうり)
オンラインショップ
http://shinobazu.com/eshop/products/detail.php?product_id=174


画:池田俊彦 / 詩:相馬俊樹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 季刊『EXTRART1 2』(アトリエサード刊)に池田俊彦特集紹介(10頁程)しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●文化庁所蔵の池田俊彦作品「老腐人―R」が、2017年2月ごろまで、文科省旧庁舎三階の情報ひろばで展示しております。一般公開、無料。
アクセス http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm

 

[ アーティストニュース ] [ 山田 純嗣 ] [ 池田 俊彦 ] PIT in Kyoto 京都版画トリエンナーレ2016【山田純嗣・池田俊彦出品】会場:京都市美術館

[ 2016年3月2日 ]
PIT in Kyoto 京都版画トリエンナーレ2016に
【山田純嗣】、【池田俊彦】が出品作家として参加致します。

 山田純嗣 日月山水 2014-15 149×315
ポリコートパネルに印画紙、樹脂、ラメ、インタリオ・オン・フォト、パールペイント

池田俊彦  笑う老王 -美しい黒い角- 2014 990×725
雁皮紙、エッチング

◇会期 2016年3月6日(日)〜2016年4月1日(土)
開館時間:午前9時~午後5時(入場は午後4時半まで)毎週月曜日(但し、3月21日(月)は開館)

◇会場 京都市美術館 本館2階南展示室

PIT in Kyoto 京都版画トリエンナーレ2016詳細

 

[ アーティストニュース ] [ ショップニュース ] [ 池田 俊彦 ] 池田俊彦挿画〈サキ・コレクション〉レジナルド サキ著 刊行

[ 2015年4月23日 ]

2014年、当画廊での久々の個展で大好評を博した池田俊彦さんが、まるまる一冊本の挿画を手がけました。
銅版画ほか19点が収録されており、これはもはやただの挿画ではなく、サキとのコラボレーション!
皮肉屋で少しばかり傲慢批判精神あふれる痛快キャラクターでサキの代表的キャラクター、クローヴィスを知るにはその前身レジナルドを知るべし。サキの第一短篇集、待望の本邦初訳!
装丁も大変凝っていて専門サイトに紹介

お買い求めはこちらより→http://shinobazu.com/eshop/products/detail.php?product_id=91

[ アーティストニュース ] [ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] 町田市立国際版画美術館「モンスターを探せ!!」

[ 2014年9月9日 ]

町田市立国際版画美術館「モンスターを探せ!! ピラネージからゴヤ、そしてエルンストへ」に、
池田俊彦さんと、作田富幸さんが出品しています。

主な出品作家
ダニエル・ホプファー(c.1470-1536 )、ピーテル・ブリュゲル(父)(1525/30-69 )、ジャック・カロ(1592 -1635)、
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ(1720-78)、フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)、ギュスターヴ・ドレ(1832-83)、
マックス・エルンスト(1891-1976)、浜田知明(1917生まれ)、相笠昌義(1939生まれ)、作田富幸(1960生まれ)、池田俊彦(1980生まれ)他

会期:2014年8月9日(土)~9月23日(火・祝)

美術館入口 ↑  と エントランス↓

※版画美術館の方に許可を得て、撮影させて頂きました。
入口から入って、ピラネージ、カロ、ブリューゲルと古典の秀作が並んでいます。
その次にゴヤ、ドレ、エルンストなどの連作を見せる部屋へ。時間をとってゆっくり見るべき作品群です。

次の部屋は日本の銅版画家達のコーナー。
浜田知明、深沢幸雄、池田龍雄・・・の1950~60年代の銅版画秀作!

日本の現代版画の巨匠達と同じ空間に池田俊彦、作田富幸が展示されています。
池田俊彦の展示 ↓

作田富幸の展示 ↓

夏休み中という事もあり、中高生がメモをとったりしていました。

不忍画廊/SHINOBAZU GALLERY 2014企画展スケジュール

2014年3月17日(月)~4月5日(土)
hundreds of faces -100faces & friends- 作田富幸 個展

2014年11月14日(金)~12月6日(土)
池田俊彦個展

[ アーティストニュース ] [ 池田 俊彦 ] 「ART ACCESS」に美術評論家・相馬俊樹さんによる記事が掲載されました

[ 2014年1月22日 ]

美術家や展示会の情報ポータルサイト「ART ACCESS」で美術評論家の相馬俊樹さんが連載している「アール・エゾテリック」で池田俊彦が紹介されました。
「アール・エゾテリック」 vol.5 池田俊彦

池田俊彦コメント
「美術評論家の相馬 俊樹さんが僕の作品について非常に素敵な文章を書いて下さっています。
相馬さんとはお会いした事がないのですが、今まで言葉下手な僕が言葉にできなかった作品の根幹に関わるようなコンセプトまで
美しい言葉で表現して下さっています。是非ご一読ください。」

[ アーティストニュース ] [ 池田 俊彦 ] オープニング企画展より

[ 2012年10月6日 ]


「翁ーQ 一角」 18.3×11.6cm

池田俊彦/Toshihiko Ikeda
1980~ 東京都生まれ 多摩美術大学油画専攻卒業、東京芸大大学院版画専攻修了 東京都在住/<福沢一郎記念賞>受賞、<平成18年度文化庁買上げ優秀美術作品>、Prints Tokyo 2007 <町田市立国際版画美術館賞>受賞、第7回高知国際版画トリエンナーレ展<日和崎尊夫賞>受賞、「ドローイングとは何か」—第1回≪グランプリ≫受賞、第5回山本鼎版画大賞展 ≪優秀賞≫受賞

 

Back to top