[ 中佐藤 滋 ] [ 安元 亮祐 ] [ 斎藤 真一 ] 会場風景:ノ ス タ ル ジ ア 斎藤真一 ★ 中佐藤滋 ★ 安元亮祐 展

[ 2018年10月11日 ]



















会場風景:日本現代銅版画史展  名作を繋ぐポエジーの変遷 駒井哲郎|池田満寿夫|北川健次を中心に
小展示室にて| 池田俊彦Selection 初期作から新作まで

[ 2018年9月27日 ]














池田満寿夫と親交のあった彫刻家の篠田守男氏

[ アーティストニュース ] [ 長谷川 利行 ] 長谷川利行展に寄せて-荒井一章

[ 2018年9月21日 ]

長谷川利行展|府中市美術館にて 2018.5.19

長谷川利行展に寄せて

荒井一章

私の知るかぎり最高の長谷川利行展が始まった。福島県立美術館を起点に、都内では府中市美術館(2018年5月19日〜7月8日)と続く。新発見の作品もあって話題豊富である。私は長谷川利行展を自分でも何度も手掛けたり、利行の会として企画に参加してきたけれど、今回の展覧会は出品点数155点、しかも利行選りすぐりの見逃すことのできない作品ばかり。利行の作品は生で見るのがいちばん。立派な画集、特集記事の掲載写真はいくらもあるけれど、実物をしっかり見ることには及ばない。その絶好のチャンスが今回の長谷川利行展だと思います。

私は初日の3月27日、福島県立美術館へ出かけました。桜の咲くのには早い東北、しかし暖かい青空の日。広い敷地に建つ福島県美の重厚さの中での長谷川利行展は堂々と素晴らしいもので、感動しました。

監修された前岩手県立美術館館長の原田光氏ともお会いし、お互い「いい展覧会ですね」と言葉を交わしました。不忍画廊旧蔵の「水泳場」(板橋区立美術館蔵)は今回展の図録表紙になっています。「ガスタンク」はかつて不忍画廊が上野にあった時代に所蔵していましたし、懐かしい思い出の作品と出会いました。私の義父で、利行を生涯をかけて世に出した木村東介氏はいつも言っていました。「ユトリロより利行が上だよ」と。「パリで利行展をやってみたい」とも。私には「絵を見る物差しは利行」と。思い出す言葉です。長谷川利行展会場を歩きながら、利行は「日本のゴッホ」なんだと思いました。

必見の展覧会ですよ。
2018年9月22日(土)~11月4日(日)|久留米市市美術館
2018年11月13日(火)~12月24日(月・祝)|足利市立市美術館

2018年3月24日(土)~4月22日(日)|福島県立美術館|終了
2018年5月19日(土)~7月8日(日)|府中市美術館|終了
2018年7月21日(土)~9月9日(日)|碧南市藤井達吉現代美術館|終了

[ サイトウノリコ ] [ 見崎彰広 ] 会場風景:サイトウノリコ展 “ひみつきち” | 見崎彰広展 “時間のかたち”

[ 2018年8月23日 ]















[ 山田 純嗣 ] [ 田沼 利規 ] [ 繁田直美 ] [ 藤浪 理恵子 ] 会場風景:Through the veil

[ 2018年8月1日 ]
















[ 大島 哲以 ] [ 成田 朱希 ] [ 箕輪 千絵子 ] 会場風景:女 獣 オンナケモノ 成田朱希×箕輪千絵子+大島哲以

[ 2018年8月1日 ]












[ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 門坂 流・渡辺千尋 ] [ 集治千晶 ] 会場風景:銅版画礼賛!

[ 2018年5月17日 ]



左:E・ムンク「水浴する子供たち」 右:G・ルオー「ミセレーレXX 見捨てられた十字架のイエスの下で 」


左:箕輪千絵子「生れ出づることは」 右:謝敷ゆうり「memento mori」

左3点:サイトウノリコ 中央3点:集治千晶 右:作田冨幸




浜口陽三「ポプラ」


池田俊彦:上「老腐人-R」下左:「the second new human race」下右:「翁-Q f.s.」

[ 古茂田 守介 ] 会場風景:描かれた少女は..誰? 古茂田守介生誕100年記念 守介|美津子|杏子 3人展

[ 2018年5月17日 ]


右:古茂田杏子「うさぎ」

古茂田美津子:左「裸婦と人形」 中央「踊る裸婦」 右「サーカス」

古茂田美津子「裸婦」





古茂田美津子「水色のライトの踊り子」

古茂田守介:左「立つ裸像」 中央「裸婦二体」 右「美津子像」






古茂田守介:左「美津子・後ろを向く」 右「洋装の少女」


古茂田美津子「サーカス」

古茂田美津子:左「夕暮れ」 右「うたたね」

古茂田守介:上「小さな裸婦」 下「裸婦(膝をつく)」

[ 呉 亜沙 ] [ 山田 純嗣 ] [ 會田 千夏 ] [ 柳 ヨシカズ ] 会場風景:5colors

[ 2018年5月17日 ]





呉亜沙:左より「Touch」 「Make up」 「きにする」 「We」

大谷有花:左より「はなすがた Bara S-Ⅱ」「はなすがた Shichidanka S-Ⅱ」 「はなすがた Hanamizuki-Ⅰ」 「はなすがた Suiren S-Ⅱ」 












[ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 池田 俊彦 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 門坂 流 ] 会場風景:門坂流へのオマージュⅡ 自然界には輪郭線がない

[ 2018年4月19日 ]



















[ 山田 純嗣 ] 会場風景:山田純嗣個展 | 絵画をめぐって-影のない-

[ 2018年3月29日 ]

[ 池田 俊彦 ] [ 集治千晶 ] 会場風景:池田俊彦展 “笑う黄金種族” | SMILING GOLDEN RACE

[ 2017年11月14日 ]





「笑う老女王-混沌に角を生やす-」のためのドローイング作品。版画に起こしていく過程でネックレスが追加されるなど
思考の流れが読み取れる。

左:「笑う老女王-混沌に角を生やす-」右:「笑う老王-美しい黒い角-」











[ 山中 現 ] [ 鈴木 敦子 ] 会場風景:Quartette~描かれたポエジー 駒井哲郎/南桂子/山中現/鈴木敦子

[ 2017年10月5日 ]



[ 伊藤 亜矢美 ] [ 呉 亜沙 ] [ 見崎彰広 ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 鈴木 敦子 ] 会場風景:(((((あにまる まぁるい))))) ~5つのショート・ストーリー

[ 2017年10月5日 ]



鈴木敦子さん

釣谷幸輝さん

呉亜沙さん

伊藤亜矢美さん

見崎彰広さん

手製絵本「デカミミくん」呉亜沙

手製絵本「デカミミくん」呉亜沙

手製絵本「デカミミくん」呉亜沙







本展出品作家の新作による2018年度カレンダーを作りました。
めくるのが楽しくなる仕上がりです。

オリジナルポストカード
各作家2点ずつ、10枚セットで販売中です!

[ 作田 富幸 ] 会場風景:作田富幸個展 “16 persons”

[ 2017年8月10日 ]

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 池田 俊彦 ] 会場風景:BLIND PEAK1 -版夢の胎動- 池田俊彦/山田彩加/謝敷ゆうり

[ 2017年5月16日 ]
-池田俊彦-

 

-山田彩加-

 

-謝敷ゆうり-

 

-BRIND PEAK 限定版A-

[ 安元 亮祐 ] 会場風景:安元亮祐 “小さな名作”展

[ 2017年4月28日 ]


安元氏自画像

干支シリーズ「ZODIAC」 モノクロームの筆致はいさぎよい躍動感があります。










本展の為に書いて(描いて)いただた安元氏直筆の看板








[ 成田 朱希 ] [ 箕輪 千絵子 ] 会場風景:叫びとささやき 成田朱希展

[ 2017年3月23日 ]











同時開催の箕輪千絵子個展の様子
力作の新作が並ぶ。












[ 北川 健次 ] [ 池田 満寿夫 ] 会場風景:没後20年池田満寿夫展 ―舞踏・ダンス・身体について―

[ 2017年3月23日 ]

2017年は池田満寿夫没後20年にあたる年です。
本展では初期の銅版画から晩年の色彩豊かなリトグラフまで、時代とともに変遷してきた池田の仕事を「踊り」という観点から紹介しました。






















本展に合わせてブックレットを作成致しました。
本展のテーマである「踊り」という観点から、池田満寿夫美術館学芸員の中尾美穂氏にテキストを寄せて頂きました。
それぞれの作品の生まれた背景など、興味深いエピソードも。

小展示室では北川健次展”DANCE!”も同時開催。
氏の初個展は池田満寿夫がプロデュースしたという御縁。
池田の顔をモチーフとしたオマージュ作品も展示致しました。(↓下図)






[ 伊藤 亜矢美 ] [ 北川 健次 ] [ 呉 亜沙 ] [ 坂本 藍子 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 橋場 信夫 ] [ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] 会場風景:gift2016

[ 2017年2月26日 ]














 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Back to top